鍼灸は、人間が本来持つ自己治癒力を生かした治療です。体が疲れたり、怪我をしたり、病気をしたとき、身体は自ずと『治そう!』と病原体や創傷などにはたらきかけていきます。ようするに、放っておいても治る、ということ。
ですが、この自然治癒力は年齢とともに低下していきます。また、生活環境や体調などによっては、病原体などと戦うパワーがなく、それらに負けてしまうことも。怪我に関しては、いつまでたっても完治せず、痛みを引きずってしまったり…。
そういった、『自ら治そう』という自然治癒力を助けてあげるのが、鍼灸治療です。
東洋医学では、『未病を治す』という言葉があり、これは『病気になる前に直す』という意味です。要するに、『本当に病気になってしまう前に、鍼灸で自然治癒力や免疫力を高めて、早め早めに治してしまいましょうね』ということ。
近年、あまり鍼灸は身近に感じることのないものなので、『究極の手段』といったイメージがありがちですが、実際はその逆。
もっと日常生活に溶け込むべき、身近なボディケアのひとつなのです。

具体的な疾患を上げると……
肩こり、頭痛、腰痛、全身疲労、倦怠感、冷え性、生理不順・生理痛、不眠…などなど、原因がわからないけど辛い、といったような不定愁訴が得意分野です。

 

美容鍼灸とは、お顔に施す鍼灸のことをいいます。お顔に刺していくことで血流促進させ、代謝を促して健やかなお肌に導きます。また、お肌の弾性繊維であるコラーゲンの産生も促します。歳を重ねていくと、このコラーゲン生成が低下してきます。その結果、現れるのがシワやたるみなどです。美容鍼灸は、アンチエイジングに最も効果的に働きかけることができます。
また、お顔にはたくさんの重要なツボが存在しています。それらのツボへアプローチしていくことで、眼精疲労やむくみ、食いしばりや眉間のシワなどの顔筋の過緊張への効果も期待できます。
もともとは、顔面神経痛の治療として用いられていた顔への鍼灸が、美肌効果も認められたことから生まれた美容鍼灸。現代人は眼を酷使しているので、当店では美肌目的ではない美容鍼灸のニーズも高いです。お顔への施術がどれほどリラックス効果があるか…!体験していただくと理解していただけるかと思います。

 

はい、もちろんしていただけます。
生理中は、下腹部痛や腰部痛、倦怠感など、体に不調を抱えやすい時期です。鍼灸は、生理痛や女性ホルモンのコントロールに非常に効果的なケアのひとつです。お灸でお腹や腰をしっかり温めていくことで、いつもより生理が楽になることでしょう。施術後にいつもより出血を感じることがあるかもしれませんが、血流がよくなった証拠ですのでご安心ください。
また、生理中だけではなく、月経前症候群(PMS)などにお悩みの方にもおすすめです。

 

当店では、妊娠中のお客様は【安定期以降〜予定日1ヶ月前まで】の方のみ承っております。
妊娠初期は非常にお身体がデリケートな時期ですので、以前に平気であった刺激も過剰に反応がでることがございます。ですので、比較的体調の安定します、安定期以降でありましたらご予約を受け付けております。鍼灸治療も美容鍼灸も、共に可能です。なるべくお客様の居心地がよいように工夫させていただきますので、まずはお気軽にご相談くださいませ。

 

お客様の症状やコースによって、異なります。
症状がひどい方は、まずは週に1回〜隔週に1回を目安に通って頂いております。
できれば、シンプルなコースでも構わないので、まずは間隔を詰めて通ってみてください。
症状が安定してきたら、隔週〜1ヶ月に1回に間隔を伸ばします。効果を持続させたいようでしたら、このペースで引き続き通っていただくことをおすすめしています。
だいぶ快調になってきたようでしたら、不調を感じた時のお手入れだけでもよいでしょう。

 

鍼灸をして頂けないケースもございます。以下の疾患をお持ちの方は、鍼灸施術ができません。

・急性伝染病
・重篤な心疾患
・循環器疾患
・悪性腫瘍
・血液の病気(血友病、壊血病、紫斑病等)
・免疫不全
・高熱
・血圧が著しく高い時、または低い時
・飲酒時

美容鍼灸の際には、以下のケースも施術ができません。

・顔面部にシリコン等の美容外科的手術を受けている場合
 (シリコン挿入部以外の施術は可能ですので、詳細をお知らせください)
・レーザー施術直後等のダウンタイム時
・体内に金属やペースメーカーがある方(イオン導入はできません)

なにか疾患等をお持ちの方は、ご予約時にご相談くださいませ。
主治医がいらっしゃる方は、鍼灸・美容鍼灸施術を受けても可能か、ご確認頂いてからのご予約をおすすめいたします。

 

鍼灸をしたあとにしてはいけないことは、特にはございません。
ただ、鍼灸にまだ慣れないときには、施術後に血流がよくなるような行為はほどほどにしたほうがよいでしょう。例えば、激しい運動、長湯、過度の飲酒などです。急激に血流がよくなることで、気分が悪くなったり、頭痛が起こることがあります。
ただし、ほどほどであれば問題ありません。まだ鍼灸に慣れないうちは、身体の様子に注意してあげてください。
ただ、せっかくケアをしたあとなので、体を休めてあげることが一番よいでしょう。

 

鍼を抜く際、出血をすることがあります。出血をしても、ごく少量なので問題ございません。
東洋医学では、鍼灸治療時に出る血を『瘀血(おけつ)』と呼び、滞っていた悪い血と考えられています。鍼灸をして血流がよくなり、瘀血が改善されたことによって起こります。ですので、血が出るという現象は決してネガティブな反応ではなく、むしろ体にとっては良いことなのです。
ただ、この出血が皮膚の下で起こると、青あざになることがあります。少しの間(1〜2週間程度)ぶつけた時と同様に色が残りますが、自然に消えていきますので安心してください。青あざも出血同様、瘀血体質の方に起こりやすい反応です。出血同様に決してネガティブな反応ではありませんが、美容鍼灸でお顔にも同様に起こることがあります。お化粧で隠せる程度のものですが、大事なご予定を控えているなど、心配な方はあらかじめご相談くださいませ。

 

鍼灸の施術後、好転反応によりだるさや独特の鈍痛を感じることがあります。感じ方によっては、施術前より辛く感じることもあるかもしれません。ですが、この好転反応は鍼灸が効いている証拠。今まで溜まっていた疲れや悪いものが、表に出てきたサインです。鍼灸をして代謝がよくなり、身体が悪いものを体外へ排出させようとしている反応なのです。長湯をしたあとのような、けだるさを感じる人が多いようです。
施術後にだるさを感じた場合、その日はゆっくり過ごすようにしましょう。いつもより深く眠りにつくことができます。しっかり休めば、だるさは翌日には消失し、身体が軽くなった感じを実感できるでしょう。

 

全く痛くない、といえば嘘になりますが、ほとんど無痛です。使用する鍼は、髪の毛くらいに細いものですので、注射針をイメージしているようであれば、それとは全く別物です。お顔に使用する鍼は、蚊と同じ細さのものもございます。
鍼を刺すときには、若干痛みを感じるか感じないか、程度です。輪ゴムを弾かれた方のが痛いくらいです。
ただし、痛みとはまた異なる感覚があります。身体が特に疲れていたり、凝りがひどい場合、奥の方で響くような、一瞬電気が走るような、鈍痛にも似た、独特な感覚がします。これを『響き』と呼んでおり、この響きがあると『効いている!』というサインだと考えて良いでしょう。または、身体が疲れている証拠でもあります。
響きをあまり感じないからといって、治療が効いていないわけではありません。その時々によって反応が異なるので、響きの度合いは『ご自身の身体の調子のバロメーター』と考えて頂いてよいでしょう。

 

はい、もちろん使い捨て(ディスポーザブル)です。
当サロンでは、鍼灸針の大手メーカー『セイリン』社の針を使用しております。一度使用した針は、同じお客様にも再利用しておりません。安全な治療を心がけておりますので、どうぞご安心くださいませ。

 

肌荒れの程度にもよりますが、基本的にリラクゼーションよりも治療に近いフェイシャルトリートメントをさせて頂いております。使用しております商材(化粧品)も、超敏感肌の方でも大丈夫なものを使用しておりますので、お化粧品かぶれに悩んでいる方も安心してお手入れしていただくことが可能です。
傷口がある場合はお控え頂いておりますが、アトピー性皮膚炎やひどいニキビに悩んでいる方も、ご利用いただいております。お肌で深刻なお悩みがあります方は、一度ご相談くださいませ。

 

はい、もちろん可能です。
特別にブライダルエステのコースを設けておりませんが、お客様のお肌のお悩みとお式までの日程に合わせた、おすすめのコースとスケジュールをご提案させて頂きます。
また、美容鍼灸をすることにより、内出血が起こる可能性があります。定期的に美容鍼灸をされていない方は、念のためお式1週間前までのご予約をおすすめいたします。
お式直前のご予約をご希望する方は、内出血の可能性についてご理解いただいた方のみ、もしくは美容鍼灸はせずに、代替のお手入れにシフトすることも可能です。
まずはメール等にて、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

 

ニキビは、いろいろな原因が絡み合って起こります。睡眠不足、ストレス、ホルモンバランス、栄養バランスの偏り…など、さまざまな原因が考えられます。
美容皮膚科での勤務経験を生かし、当店でもニキビケアのコースを設けております。
鍼灸治療で肌代謝を促し、フェイシャルトリートメントで角質の除去や芯出し、ビタミンCイオン導入を行なっていきます。ボディの鍼灸とも組み合わせれば、体質改善へもアプローチすることが可能です。
ニキビは非常に複雑な原因により引き起こされているものなので、即効性は期待できず、根気よく治療していくことが必要です。
ニキビでお悩みの方は、一度お気軽にご相談くださいませ。

 

初めての鍼灸治療を、当店でご検討いただき誠にありがとうございます。実際、当店で鍼
灸デビューしていただく方が多く、私も嬉しく思います。
鍼灸で使用する針には、いろいろな長さや太さのものがあり、一言でいうとそれにより刺激の強度が異なります。鍼灸が初めての方、慣れている方、体力がある方、体力がない方、その時の症状や治療部位より、使用する針や施術方法を変えております。特に初めての方は、慎重にお身体の反応を見ながら治療をさせて頂いておりますので、ご安心くださいませ。
また、鍼灸が初めての方向きのお試しコースもご用意しております。まずはこちらで、鍼灸とはどういうものか、お試しされてはいかがでしょうか?
ご不安な点は、どうぞお気軽にご相談くださいませ。

 

フェイシャルトリートメントのコースにオプションとして加えることができるお手入れです。
美容機を使用し、お身体に微弱な電流を流すことで、美容液成分をお肌の奥深くへ浸透させていくことができる施術です。美容皮膚科でも昔から定番の美肌ケアとして、導入されているお手入れです。
美容鍼灸は、お肌のコラーゲン生成を促していくことができますが、そのリペアには栄養が必要になります。お肌の代謝が高まっているときに、イオン導入でお肌に栄養を与えてあげることで、美容鍼灸との相乗効果を期待することができます。
当店では王道のビタミンCの他に、リフトアップ成分や保湿成分などのイオン導入美容液をご用意しております。美容鍼灸のプラスアルファのお手入れとして、是非検討されてみてください。

 

鍼灸ボディのコースは、いずれのコースも鍼治療だけではなく、お灸も組み合わせて行なっていきます。
お灸は、よもぎの葉を乾燥させたものからできています。鍼でも十分に体の血流を促進することができますが、お灸では温熱刺激によってツボを刺激していきますので、さらに血流の促進を測ることができます。
お客様の体質や症状をお伺いし、お灸を据えるツボや個数などを調整しています。特に冷えの症状を抱えている方には、お灸は有効な施術です。

 

《駐車場》
fukadasoには、専用の駐車場のご用意がございません。
公共の交通機関でお越しいただくか、近隣のコインパーキングをご利用ください。

《駐輪場》
駐輪場は建物裏側にございます。fukadaso表通りの一本裏通りに面しております。
わかりにくい場合は、お問い合わせくださいませ。

 

《鍼灸治療の場合》
特にお持ちいただくものはございません。
お着替えもこちらでご用意しておりますので、お気軽にお越しくださいませ。

《美容鍼灸(フェイシャル)の場合》
特にお持ちいただくものはございませんが、お手入れ後にメイクが必要な方は、メイク道具をお持ちください。

 

大変申し訳ございませんが、施術者がひとりのため、お2人同時のご予約はいたしかねます。
前後でのご予約でしたら可能ですので、ご相談くださいませ。

 

大変申し訳ございませんが、女性専用サロンとさせて頂いております。

 

ひとりでも大人しく待っていてくれるくらいのご年齢のお子様であれば、お子様とのご来店も可能です。

 

最終予約時間は20時とさせて頂いております。
時間外のご予約をご希望のお客様は、2,000円(税別)チャージにて可能です。お気軽にご相談くださいませ。

 

当サロンは完全予約制とさせて頂いております。
当日のご来店の際も、一度お電話等にてお問い合わせくださいませ。